かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

容疑者Xの献身

観て来たよー。
堤真一は神である。

以下バレ含む感想。



兎に角堤真一が良かった。すげえイイぞ堤真一。堤さんの演技の中で一番好きだったかもしれん。いや全部観てる訳じゃないけれど。

石神@堤さんのキャラがもう切なくて苦しくてラストの「どうして?」でヤられました。「どうして?」→咆哮のコンボはヤバいっつーのバカ。心底から零れる「どうして?」にひたすら弱いです。それだけで泣ける。
終始石神@堤さんに釘付けでありました。花岡の部屋のインターフォン押す処から逃れる支持を逐一送る処から滲む狂気から純粋さから何から何まで釘付け。狂気系が好きだ。

犯した罪から逃そうとする為に自分が別の罪ごとかぶって更に罪悪を感じさせまいと狂人を振舞って其処まで愛されたらどんなに不幸だろう。花岡の最後の謝罪の嵐は石神の愛を受け止められなかったからっていうのが大半を占めているんじゃないかなと思ってみたり。謝る事しか出来ない。有難うなんて言える筈も無くて待ってるとも言えなくてただ謝って謝って自分の罪を吐露する事しか出来なくてでも其れがきっと石神にとって一番の絶望な訳で。絶たれた望みってまさに文字通り。救いが無さ過ぎる。

ガリレオは原作未読でTVシリーズは全部観てました。そのノリっつかぶっちゃけママが福山ラバーなので、「一緒にいって>< ドラマ観てたでしょ><」と泣きつかれて行った的な流れなのですが、まさかガリレオで泣けるとは思わなんだ。つーかマジで堤さんはずるいだろ。

TVシリーズ観てた身でも、映画の福山&コウちゃんは邪魔っつうか場違いな印象。因みに福山ラバーなママ的にも「アレは福山くんダメだわ…」だそうで。
うん、ほんと石神が泣き崩れて連れて行かれる処で終わってたら個人的神作品でした。非常に残念。つか湯川が花岡に全部(推測段階とはいえ)事情を説明してしまったからのあのラストな訳だけれど、其れが湯川のキャラかっつったら違うよなぁとか。それだけ湯川にとって石神が特別な存在だったっていう流れなんだけれど、TVシリーズ中で湯川に一瞬でもそういう面が描写されていたかっつったら微妙な気がするし、ちょっと不完全燃焼気味かな。原作読んだらまた違うのかも。東野は鬼門なんだよなー;

まとめ1。
愛も灰になった。

まとめ2。
京極堂@堤さんのためだけに京極堂シリーズ観たくなった。
(でも榎さん@阿部ちゃんは認めたくない)
スポンサーサイト
  1. 2008年10月19日 03:38 |
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

詳細レビューご苦労様♪

やっぱりラストはそこだよね~。小説は望み通りの幕引きだったので必読っすよ!!
でも、堤=石神が出来上がってしまったので、小説のキャラでは少し違和感が有るかも?
私は、もう堤さんのイメージのままに解釈変えながら読んでしまえたけどね。

結局、私は小説を一通り読んでしまい、TVシリーズをレンタルしようか思案中・・・
  1. 2008/10/19(日) 22:14:08 |
  2. URL |
  3. REN #Wk1sqmNk
  4. [ 編集 ]

うおおマジすか。読もうかな小説版。
堤さんは堤さんなのできっと文字表現の中の石神とはずいぶん印象が違うんだろうなぁと映画を観てる傍から思ってたので、違和感はあまり気にせず読めると思うのですが、なんとなく東野の文体に敬遠気味です…食わず嫌いつか読まず嫌い?
でも読んでみる。面白かったよ献身。

TVシリーズはなんつうか福山様です(笑)。
コウちゃんカワイイよコウちゃん。
枠も月9だったし娯楽的には結構オススメです。
  1. 2008/10/20(月) 02:48:31 |
  2. URL |
  3. 蟹 #POQ5NLzM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/86-3e9f6f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。