かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》


分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(上) (講談社文庫)分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(上) (講談社文庫)
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る


分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)分冊文庫版 ルー=ガルー2 インクブス×スクブス《相容れぬ夢魔》(下) (講談社文庫)
(2011/10/14)
京極 夏彦

商品詳細を見る


いんきゅばすとさきゅばすのおはなし。

前作発売から10年経っての新刊です(笑顔)。
単行本版とノベルス版と分冊文庫版と電子書籍の4形態同時発売っつー意味不明の販売形態ですが取り敢えず"読書"重視で分冊文庫版を購入。
因みにお値段は単行本だけ3360円で残り3携帯は1470円均一です。文庫版は735円×2冊ね。
でもやっぱりキョーゴクセンセーのドーンと分厚い背表紙大好きなので後日改めてノベルス版購入予定です。1の分冊文庫版は買った。

取り敢えず完全書きおろし新刊につき内容畳みます。


繰り返しますが前作から10年経ってますが作中時間軸上では前作の事件から3か月後っつー完全続編です。10年前に出した本の書きおろし続編なんて流石京極御大鬼畜です。
前作をすっかり失念していてというかSF苦手的な偏見の元に読むのに苦労した記憶はあれど内容を殆ど覚えていなかったので1再読の上での挑戦と相成った訳ですけれどなんだこれ超読み易いじゃねーかっていう。10年前のわたし若かったなぁという事でインクブススクブス感想いってみます。

ヒナコちょうかわいい。呼び名としてはサクラがお気に入りだけど。
直前に再読したお陰で前作というか前話としての印象で読めたのは本当に幸い。

リツコのノリがテンポよくて寧ろせっかち属性だったので読み進めるスピードは前作以上でした。さくさく進む。感慨的にはハヅキくらいおどおどしてた方がじっくり入り込めるけれど(百鬼夜行シリーズの関口くんと同じタイプだよね)良い意味でコミックや映画みたいに映像的な流れが出来たんじゃないかなぁ。たぶん京極作品の中で1、2を争うレヴェルに読み易かったです。

インクブスとスクブスはインキュバスとサキュバス。
だとしたら"薬"は媚薬?

倒錯感が半端ない。読み始めたら止め処が無くてぐいぐい読んでいっちゃう。
天才のミオはさておきミャオの出番が格段に増えていたのが嬉しかったな。ミャオ可愛いよミャオ。

自覚してる"罪"っていうのはちゃんと"罰"で裁いてほしい訳でそれを総て"なかった事"にされてしまう彼女達の葛藤は一体如何程なんだろう。
前作に引き続き作中何度も"裁いてくれますか"と訴えているアユミは勿論だけれどハヅキもミャオもきっと相当の負荷を抱えていてミオにしても全く何も感じないっていうのはないと思う。
というかミオは自分がそこまでする意義っていうのが良く分かって無さそうな印象だから今後その辺りにスポットが当たっていくのかしら。

リツコは京極作品に珍しい常識人キャラですね。一般人代表的な。一般人代表なのに滅茶苦茶格好いいのは京極先生の力量かしら。

ミオがあんまりにも榎木津大先生とキャラが被るものだから自然と百鬼夜行シリーズと重ね合わせてしまうのだけれど京極公式的にも百鬼夜行の近未来女子版っていうのが公式っぽい?
知らない間に前作がアニメ映画化とかされていたみたいで(ブラッド+の人なのね)ラノベっぽい雰囲気があるから京極未読者でも読み易そうですね。

近作は百鬼夜行の「邪魅の雫」とリンクしているようでリンクさせるのに時間がかかってしまった為に百鬼夜行も改めて再読してみようと思います。
つーかコレ単品で読める仕様だから良い物の完全に百鬼夜行読まなきゃリンク出来なかったとしたら森てんてーも吃驚の初見お断り本になってたよな。

しかしヒナコは可愛い。
ゴスロリは正義。

愛してるからこそ何もかも捧げたいと愛してるからこそ何もかも捧げる訳にはいかないっていうのはどちらがより重いっていうのは決められないけれど心境的負担は捧げられない方が辛いと思うのはわたしの個人的印象。わたし自身が捧げられない人だからなのだけれど。

全5部作?らしいので3が愉しみです。
まさかまた10年後って事はあるまいw
スポンサーサイト
  1. 2011年11月01日 21:39 |
  2. 小説雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/417-85f4c59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。