かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

小説2冊

の前に。
Web本棚のブログパーツがあったので貼り付けてみました。
ちょっとまだ全部登録しきれてないのですけれど。買った本はその都度ぽこぽこ放り込んでいこうと思います。

今回の読書。


儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
(2011/06/26)
米澤 穂信

商品詳細を見る


帯自重しろ。「ラスト一行の衝撃」とか書かれたらもう"そういう風"にしか読めないじゃんか。「地球儀のスライス(文庫版)」の解説で富樫も説教してたでしょまったくもう。

いえ"そういう風"に読んでもすごく面白かったのですけれど。
短編集というか連作小説?とかっていうのかな?
「バベルの会」という大学の読書サークルに少なからず縁ある主人公たちの衝撃系短編が5作ですね。ミステリというか幻想ホラーというかミステリとホラーの境目というか。
各主人公は良家のお嬢さまや使用人であったり物語の舞台になるのは各お屋敷だったりで全体的に少し時代がかった雰囲気。文体も古めを意識してるんじゃないかなぁ。「インシテミル (文春文庫)」とかともだいぶ空気が違う。
ぼんやりと薄気味悪い不気味さや不快感が継続して続いてラストの一節で衝撃を受けるっていうパターンのお話。うむラスト1行っていうよりはラスト一節だと思う。
割と好きな系統の本でした。倒錯感がいいね。
惜しむべきは読書サークルがリンクになっているだけあって様々なジャンルの本のネタが出てくるのですけれどそれらが未読作ばかりだったので元ネタわかんないもやもや感が大きく残った事かな。つーか泉鏡花とかもはや古文じゃん読める気しないんだけど。

一番怖かったのは「玉野五十鈴の誉れ」。ホラーじゃんあれ完全にホラーじゃんラスト1行怖すぎ笑えない。
米澤文体が思いの外好みだったので他のも読んでみます。

<追記>
「山荘秘聞」のアレってソッチだったのか!いやわかんないよそんな隠語!あーなるほどねー。最初に考えた方の意味だったら解り易いけどなんとなくしっくりこないなーとは思ったけどやっとぴったりハマった感じ。あーすっきりした。



密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)密室殺人ゲーム・マニアックス (講談社ノベルス)
(2011/09/07)
歌野 晶午

商品詳細を見る


密室殺人ゲームシリーズの新しいの。つまりいつもの。
このシリーズはライトな読感だけど(と思ったらメフィスト連載だったのね)殺人ゲームっていうテーマ自体は倫理的に受け付けない人は受け付けないっぽいですね。別に小説だしいーじゃんと思うけど。
頭狂人の人格がシリーズ通してかっこよくて好み。
スポンサーサイト
  1. 2011年09月09日 18:13 |
  2. 小説雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/411-ac673647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。