かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

学生アリスシリーズ

随分前についったで読了報告したのに下書き保存だけしてて公開し忘れてた。

女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)
(2011/01/26)
有栖川 有栖

商品詳細を見る


これですね。あ、文庫化してたんだーとか軽い気持ちで手にとって裏表紙の粗筋見てふと気付いたんですね。
「あれ?わたしもしかしてこのシリーズ未読じゃね?」
隣にあった「月光ゲーム」や「孤島パズル」「双頭の悪魔」を順番に粗筋ガン見。うんやっぱり未読でした。

いや学生アリスシリーズ(或いは江神さんシリーズ)とか有栖川の基本過ぎて自分もすっかり読んだ気になってたというかなんというかうんあのそのごめんなさい。
そんな感じで急遽既刊分の5冊大人買いでシリーズ一気読み。うわーゼータクー。

例によって真面目な感想とかトリック考察とかはガン無視なので作品自体のネタバレは皆無だと思われますがダラダラ語りなので畳みますよ。



江神さんテラカッコヨス。
有栖川作品の探偵役は火村にしろ江神さんにしろ総じて(良い意味で)厨二病ですね。いまさらっと書いたけど火村は呼び捨て表記出来るのに江神さんは敬称つけてしまう不思議。なんだろう30過ぎても厨二病真っ只中の火村助教授と違って江神さんは未だ学生でその辺繊細な神経を持ち合わせていそうだからでしょーかって江神さん7回生とかふざけた事やってんだからそれこそもういいトシじゃないか学生フィルタって恐ろしい。

学生アリスはとてもかわいいです。作家シリーズの方のアリスもすんごい可愛らしいと思うのですが如何せん30過ぎたオトコに「かわいい」なんていう形容詞を遣いたくないジレンマがあるので素直に「かわいい」と思える学生ハタチキャラ万歳みたいな。うん意味がわかりませんね。

キャラ萌えはさておき。
作家アリスシリーズと学生アリスシリーズは学生アリス→作家アリスと繋がる訳では無くて学生アリスシリーズは作家アリスシリーズのアリスが書いてる小説で作家アリスシリーズは学生アリスシリーズのアリスが後に書く事になる小説でそれぞれの探偵役な火村と江神さんはといえばこれがまたそれぞれの小説の探偵役のモデルになっているとかなんとかかんとか文字にすると「アリス」がゲシュタルト崩壊しそうにやたらとややこしい合わせ鏡状態なパラレル設定にあるそうで。
両シリーズを読むと確かに学生アリス→作家アリスと時間経過物として考えると微細な違和感があってそれが「続編」ではなくて「パラレル」なのかなと。

学生アリスシリーズも作家アリスシリーズも当然ながら作家有栖川有栖の作品なのだから作風が似通っているのもまた当然としてそれでもなんとなく流れている空気感が少し違う。あれ逆かも。空気感は似ているけれど作風が微妙に違う、っていう感じか。

学生アリスシリーズ4作読みましたが一応クローズドサークル物で統一されているのかしら。大好きです嵐の孤島雪の山荘クローズドサークル万歳。
だからだとは思うけれどどちらかというと作家アリスシリーズよりも綾辻行人氏の館シリーズに近い感じがしますね。館シリーズのがなんだか厳かでクラシックなイメージ。学生アリスシリーズは軽くてカジュアルなイメージ。

さらっと軽い読み心地だけれど胸の奥のやらかい場所をちくちく刺されるような切なさがタまらないです。綾辻作品にある無骨な素手で力任せに握りつぶされるような感覚(※褒め言葉)と違って有栖川は針みたいに細い繊細な刃物で鋭くピンポイントに突き刺されるような感覚(※褒め言葉)ですね。

そして学生アリス既刊分を読み尽したわたしは新天地開拓に右往左往し遂に海外ミステリに手を出してみたりふらっとジャケ買いならぬタイトル買いしてみたりしてアタリハズレに弄ばれる毎日なのでした。




アリスって何回打ったかな。
スポンサーサイト
  1. 2011年06月10日 02:12 |
  2. 小説雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/398-c12dcfee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。