かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

イナイ×イナイ

イナイ×イナイ (講談社ノベルス)イナイ×イナイ (講談社ノベルス)
(2007/05/10)
森 博嗣

商品詳細を見る


森てんてーが正統派ミステリ書いてる…!!

Gシリーズの目薬α未読なんですがコレ一冊読んでみました。
つかGシリーズはお休み中?なのかな?目薬以降出てないですよね。

シリーズ時系列的には
V→(四季→)SM→G→×ですかね。


ていうか。
×シリーズは別名保呂草探偵物語だったのですね!!知らなかった!!
もとい。椙田さんかっこいいです。ええ例え9.9割が電話出演っつー横着っぷりでもかっこいいです椙田さん。

“もの凄い美人”が探偵事務所に依頼に来てその“もの凄い美人”は双子でお金持ちのご令嬢でお伺いしたら密室殺人が起こってっていう森てんてーのくせして正統派ミステリ。しかしそこは森てんてーミステリとしてのロジックはかなり有り触れている型なので読みながら「つーか犯人コイツっしょそんでコレかこーであーなんでしょ」って分かっちゃう単純っぷり。いいんです森ワールドだから。“もの凄い美人”の双子とかお屋敷とか座敷牢とかもー倒錯の世界へようこそ的な。関係ないけどこのテの近親相姦もどきネタは「夏のレプリカ」を思い出しますね。倒錯度MAX。

そんな典型ミステリ(ただし飽く迄森脚色)と新キャラがちゃんと探偵役やってるあたりがGシリーズよりもぐいぐい引き込んでくれて面白かったです。
鷹知さんかっこいーし眞鍋くんも良い味出してるし。この二人がたまらなく良いです。そこいくと小川女史が若干役者不足的空気感というか。いや萌絵みたく若いわけでなく紅子さんみたく聡明な美女っていう感じでもなく四季女史みたく絶対的な天才っていう訳でもなくって過去シリーズのヒロイン陣がこれでもかとキャラ強すぎだったからっていうのもあると思うのですけれど。キャラ位置が中途半端な感じがするかなー。

「理屈っぽいところは、たしかにある。しかし、そうやって言葉で話しながら考えをまとめるタイプなんじゃないか。ようするに頭のバッファが足りない証拠だ。まぁ、簡単にいえば、頭が悪いんじゃないのかな」

椙田さんが眞鍋くんをこう評している訳ですけれどいやもうまるで自分の事じゃないかとどきっとしてしまいましたそうなんですわたしって簡単にいえば頭が悪いんですやだもうもっと蔑んで。

うん久しぶりに“アタリ”がきたなーって感じです続き読みたい。
スポンサーサイト
  1. 2010年09月26日 01:34 |
  2. 小説雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/334-acdb957c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。