かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

椿屋四重奏 熱視線8@SHIBUYA-AX




お土産は中田画伯による小寺さん似顔絵タオルハンカチでした。無駄に可愛いから困る。

初椿屋さん。後ろの方でまったり観てようかと思ったのですがこれがまた後ろまでギチギチの入り具合でした。AX自体初だったからキャパとかいまいち把握していないのですが。終始酸欠目前のギリギリ感。だがそれがいい。

あんまりバラード向きの音じゃないなという印象。音も声も乾きすぎてて聴かせる感が足りないというか。
椿屋の曲は網羅出来てると言い難い半端っぷりですが実際に生で触れて変拍子の多さにドキドキしました。乾いた音と乾いた声がまたたまらなく色っぽくてキモチイイ。何回か立ったまま寝かけた。

中田さんは思った以上に小さくて細かったです。全身全霊かけて唄ってるイメージ。そしてちっちゃいから少し動くと視界から消えて困ります。しゃがみこんで唄うシーンも多かったような。

曲目的には。「幻惑」聴けたら幸せだなーと思ってたらオーラスで演られて泣いた。それはずるい。

しかし一番の驚きはあの藤堂が出てきた事でした。




藤堂です。娼婦と淑女のあの藤堂。オールバック執事姿で。メンバーに水運んできたのが藤堂だった。びっくりした。藤堂なにやってんの。一言も喋らずただ水持ってきて意味深にメンバーガン見して去っていきました。たぶんものの1分ちょいくらい。びっくりした。イケメンでした。藤堂愛してる。
スポンサーサイト
  1. 2010年07月21日 02:32 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/304-ee125c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。