かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

パパママごめんね僕はヤンキー

どうにもヤンキーちゃんに懐かれやすい。同じ匂いを嗅ぎ取られているのかわたしがヤンキーちゃんを愛でているのが通じているのか何なのか兎に角懐かれやすい。職場に先月だか今月頭だかになんつーか「ヤンキー」ってカンジの女の子が入ってきたのだけれどこれがまた可愛いから困った。バイト初体験だという彼女は「ギャル」というよりも「ヤンキー」。不良少女とかそんな単語がしっくりクるカンジ。ただ如何せんヤンキーちゃんという生き物は特に10代半ばの一番鋭い時期は学校だとか職場だとか社会だとかのルールをいまいち守ってくれなかったり意義を見出してくれなかったりしてそうすると当然大人たちは見捨てていく。不良少女の彼女も例に漏れず遅刻や欠勤が目立ったりして其れが良くない傾向だと思うのはわたし自身が彼女の事をなんとなく気に入りかけてしまっているからでこれで辞めていってしまったら寂しいから。もう来ないかもしれないなぁとぼんやり思い始めていたついさっきの事、帰りの電車に乗ろうと駅のホームに向かったら後ろから「センパイ」って呼びとめられて吃驚。センパイて。まさか学生辞めてウン年経ってセンパイ呼びされる事があるとは夢にも思ってなかったぜ。本気でヤンキーだなコイツと思いつつほんの3分ほど会話。話を聞くになんだか大変らしい。大変らしいけれど無断欠勤は駄目だ。こっそり「店長と●●さん結構キてるよ(だから自分で連絡入れなさい)」と言うだけ言っといてみた。例えば彼女が話した事情がその場限りの嘘八百でもぜんぜん構わなくてそんな手放しで信用しちゃう程わたしは彼女を知らないしそんな義理は無いのだけれどまた何日後にか彼女の姿を職場で見かけたらわたしだけがこっそり嬉しいだけ。まぁしかし23時過ぎの駅構内で他のヤンキー少年たちとたむろって笑い合ってるあたり誤魔化しようも無く立派に不良少女だよなと思ったり。嫌いじゃないけど。
スポンサーサイト
  1. 2008年06月26日 00:48 |
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://enticefear.blog19.fc2.com/tb.php/20-3cd9525c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。