かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

長野まゆみ「カルトローレ」

辻村深月の「凍りのくじら」を読んだらなんとなく長野まゆみを思い出して15年ぶりくらいに長野女史の本を買いました。

あ、「凍りのくじら」自体も割と好みの作品でした。ひさしぶりに推理小説以外のお話を読んだ気が。辻村作品は"主人公が不思議な雰囲気の美少女で不思議な雰囲気の美少年が出てくる"的な流れが出来あがっているようでまぁそうね読む本に困ったら他のも買って読もうかなっていう程度でそんな取り立てて急いで集める気にはなんないかな。
中でも「凍りのくじら」は主人公の厨二っぷりが他作品よりぶっ飛んでいるらしくファンの間でも賛否両論作品みたいですが寧ろあるある派だったので初辻村がコレで逆に良かったのかも。
少年少女の描写に拘りまくってる感じがしますね。あと展開がとてもドラマチックだと思う。

本題。


カルトローレ (新潮文庫)カルトローレ (新潮文庫)
(2010/12)
長野 まゆみ

商品詳細を見る


ほんとマジ一瞬でも似てるとか思ってスンマセンっした流石長野女史ケタ外れだったいやもうほんと1行目から長野ワールド炸裂倒錯の世界へようこそみたいなああもうどうしようだいすき。

ちょっと本気で語ります。
長くなるので畳みます。


続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2011年10月12日 01:16 |
  2. 小説雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

十月一日

は、"眼鏡の日"且つ"ネクタイの日"なんだそうです。

メガネクタイって萌えの鉄板じゃんねとついったでフライングしたラクガキをコッチにもってきとく。

meganekutai-s.jpg
meganekutai-r.jpg
(左目義眼だったの思い出してさっき慌てて左右反転したついでにピアスも描き足してみた)

いろぬりなんてしらない。
  1. 2011年10月01日 23:15 |
  2. 絵とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。