かばるとかにちじょうとかおえかきとか

Mr.Fearless

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --年--月--日 --:-- |
  2. スポンサー広告

四面楚歌でも気付きゃしねぇのさ

hide兄十三回忌で御座います。
はやいなーもう13年かー。
当時の記憶は今でも鮮明に残ってたり。きっと一生忘れないんだろうなー。

そして同時に昔付き合ってた人の誕生日でもあったり。ええ忘れられる筈がありませんものそんな設定。
「hide兄の命日じゃんか」
「自分の誕生日にhideのニュース聞いたオレの気持ちがわかるかちくしょう」
なんてそんな会話もあったなーとか。

ちょっとせんちめんたる。



肉を切らせて骨も断たれた

スポンサーサイト
  1. 2011年05月02日 01:51 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猪苗代湖ズ

猪苗代湖ズ 『I love you & I need you ふくしま』

猪苗代湖ズ

松田晋二( THE BACK HORN 福島県東白川郡塙町 )
山口隆 ( サンボマスター 福島県会津若松市 )
渡辺俊美( TOKYO No.1 SOUL SET 福島県双葉郡富岡町 )
箭内道彦( 風とロック 福島県郡山市 )

普段こういうチャリティ企画物っていうか「俺たちに出来る事は唄うことなんで(キリッ」みたいなのってあんまり好きじゃないのですが面白い顔ぶれがそろってて思わずちょっとどきっとしてしまいました。いえあのすみませんサンボマスターさんの声も実はあんまり好きじゃないのですが。

ばくほんさんは茨城のバンドと認識していたのですけれど松田さんは福島の出身だったのですね。初めて知りました。
ふつーにばくほんさんのらいぶにいきたいなー。松田さんに向かって客席一同手拍子付で「ふっくしま!(イェー)」「ふっくしま!(イェー)」っていう煽りには思わず吹いたけど。

うん。そうだLIVEに行こう。







(しかし目下参加が確定しているLIVEが真夏のふくやままさはる@代々木体育館だというこの事実にキミは耐えられるか)(反語)(母にお願いされて已む無く)(福山て。わたしが福山て)(でも福山さんは国民的イケメンだと思いますですハイ)(天然記念物指定してもいいんじゃないかなあのひと)(いろいろ不安です)
  1. 2011年05月01日 03:00 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

→Pia-no-jaC←/LIVE@Village Vanguard 下北沢

とりあえず公式コチラ。
→Pia-no-jaC←公式サイト

ヴィレッジヴァンガード(と公式サイト通販)限定販売のLIVE DVDというやつですのであまぞんなし。
ご近所ヴィレヴァンにふらっと寄ったらあったので買ってみました。

ピアノジャックは前にもちょろっと話題にしてますね
泣けてくるくらいかっこうよいのです。だいすきだー。
なんせ会場が会場なので音響ダメダメなのが残念極まりないですがどんなに素晴らしい録音環境のDVDよりも是非生で拝見してみたいユニットさんです。

寝る前に観たらテンション上がっちゃったじゃないか。
「うさぎDASH」の真顔→暴走の流れがとてもすき。
  1. 2010年10月18日 02:20 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

椿屋四重奏 熱視線8@SHIBUYA-AX




お土産は中田画伯による小寺さん似顔絵タオルハンカチでした。無駄に可愛いから困る。

初椿屋さん。後ろの方でまったり観てようかと思ったのですがこれがまた後ろまでギチギチの入り具合でした。AX自体初だったからキャパとかいまいち把握していないのですが。終始酸欠目前のギリギリ感。だがそれがいい。

あんまりバラード向きの音じゃないなという印象。音も声も乾きすぎてて聴かせる感が足りないというか。
椿屋の曲は網羅出来てると言い難い半端っぷりですが実際に生で触れて変拍子の多さにドキドキしました。乾いた音と乾いた声がまたたまらなく色っぽくてキモチイイ。何回か立ったまま寝かけた。

中田さんは思った以上に小さくて細かったです。全身全霊かけて唄ってるイメージ。そしてちっちゃいから少し動くと視界から消えて困ります。しゃがみこんで唄うシーンも多かったような。

曲目的には。「幻惑」聴けたら幸せだなーと思ってたらオーラスで演られて泣いた。それはずるい。

しかし一番の驚きはあの藤堂が出てきた事でした。




藤堂です。娼婦と淑女のあの藤堂。オールバック執事姿で。メンバーに水運んできたのが藤堂だった。びっくりした。藤堂なにやってんの。一言も喋らずただ水持ってきて意味深にメンバーガン見して去っていきました。たぶんものの1分ちょいくらい。びっくりした。イケメンでした。藤堂愛してる。
  1. 2010年07月21日 02:32 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

厳選なる抽選を行った結果お客様はご当選されました。

7月20日の椿屋さん渋谷公演いてきます。

ワチョーイ。
  1. 2010年06月11日 17:03 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いつかきっと跪いて 間に合わせの愛を乞うのさ

いばらのみち(初回限定盤)いばらのみち(初回限定盤)
(2010/05/26)
椿屋四重奏

商品詳細を見る


買ってきました

声もメロももうほんと背後から心臓鷲掴みにされる程ツボにハマりまくって普段シングルはあまり買わないのですがついうっかり。PV目当てとか別にそんなそんな…

涙でてくるくらいいい声。

ジャケ写の中田さんは割と見慣れた顔の中田さんですがPVだと信じられないくらい美形で赤面してしまいます。PVのがメイク濃い?ライトだとか撮り方だとかの関係かしら。

*********

c/wやばいやばいやばい。どうしようすごく好みだミス・アンダースタンド。鳥肌。ぞくぞくしちゃう。

――好きにしてろよ。
  1. 2010年05月26日 23:32 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

memento mori

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/02/18)
BUCK-TICK

商品詳細を見る

ミヨさんに耽美神櫻井の写メ送り付けられた翌日に勢いのまま買いました。ついでだからトラバも飛ばしとく(笑)。

案の定敵の人も絶賛していたのだけれど、これは間違い無く名盤。エンドレスループ入るね。爽快です。ハズレ曲無しに同意。
お気に入りは真っ赤な夜とアンファンテリブルとアンブレラとコヨーテと天使は誰だかなぁ。天使はマジツボ。
ミヨさんが錯乱する程ディープインパクト受けてたタイトル曲ですが、ごめんそんなに驚きませんでした。なんか平沢師匠の感じに似てるなぁ…って思いながら聴いてる(笑)。ただそれがB-Tだと思うと遅れてちょっと驚く(笑)。

一発目から好みのノリっていうのがイイね。やっぱり出だしは大事。
純粋にテンション上がるCDって良いですね。

それにしても櫻井は耽美である。神であり魔王である。そしてエロスである。
  1. 2009年03月01日 02:18 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒夢“the end"

黒夢 SELF COVER ALBUM「MEDLEY」(DVD付)黒夢 SELF COVER ALBUM「MEDLEY」(DVD付)
(2009/01/28)
清春

商品詳細を見る


「ICE MY LIFE」で泣いた。
「ピストル」のアレンジのかっちょよさにビビった。
「MARIA」のエロさに恥ずかしくなった。
「BEAMS」はガチ。
一曲一曲コメントしていきたいけど収拾つかなくなりそうなので割愛。
つか「SEE YOU」と「Spray」入ってないのね。

セルフカバーって初めて聴いたんだけど、いいねこれ。過去の名曲の特徴は其の儘に今だからこそのアレンジっていうか。主に清春さんのエロさが際立っております。艶っぽい。

思い返してみればわたしがヴィジュアル系ジャンルに足を踏み入れたきっかけが黒夢だったんだよね。感慨深い。

新「MARIA」PVがエロすぎて困ります。
あー清春観てぇなオイ!
  1. 2009年02月01日 14:07 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ばくほん

パルス(初回限定盤)(DVD付)パルス(初回限定盤)(DVD付)
(2008/09/03)
THE BACK HORN

商品詳細を見る


ミヨさんがイイヨーイイヨーと言っていたので買ってみたよ。
良かった!最近のばくほんはなんだかなーちょっとポップ系行きすぎだよなーとか言っててゴメン!すげえ良かった!!
オープニングの駆け抜ける流れも文句無しなんですが、個人的HITは「白夜」「人間」に加えて「生まれゆく光」かなぁ。「人間」ヤバイよ「人間」。
「覚醒」とかもかなりヤバイんですが、やっぱり「罠」が残念だなぁっていう印象が拭え切れん。
「生まれゆく光」はなんつうか、うんこういう系得意だよねって感じで。「美しい花」とかね。得意なんだよなぁと思いつつしっかり嵌らされてるわたし様。イイヨーイイヨーパルスイイヨー。バルスじゃないよパルスだよー。

KYO-MEIライブ~裸足の夜明け~ at 日本武道館KYO-MEIライブ~裸足の夜明け~ at 日本武道館
(2008/10/08)
THE BACK HORN

商品詳細を見る


あとコッチも見た。
つかマジに山田さん歌い方変わってますがな。「幾戦光年~」でびっくらした。このヒトこんな歌い方出来る人だったのか…
相変わらずえいずんが愛しいです。カワイイカワイイカワイイ…えいずんカワイイよえいずん…山田の男前っぷりはガチ。

つか地獄の沙汰デーナイトフィーバー「僕の考えた90年代ビジュアル系ロックの典型的なカッコ付け歌詞」でたいそう興奮しているチンピラは、大人しく「天気予報」を聞くべきだと思うんです。
  1. 2008年11月05日 21:57 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ズンのかわゆさに驚いた

爆音夢花火爆音夢花火
(2004/11/03)
THE BACK HORN

商品詳細を見る

やっとこ届いたよヽ(゚∀゚)ノ
25時に帰ってそれから酒呑みながら見始めて「野生の太陽」→「アカイヤミ」の流れに号泣した。野生ヤバイマジヤバイ。
えいずんのあんまりのかわゆさに愕然としました。ぶっちゃけ今までのズンのイメージって鬼気迫る形相で熱唱する山田の後ろで不思議な踊りを踊ってるアタマヤバイ人ってだけだったのですが、撤回します。鬼気迫る文字通り鬼のような形相で熱唱する山田の後ろで不思議な踊りを踊るカワイイ人でした。なんかドッカの耽美バンドのVo.&Gu.の関係とかぶる気がしますが気の所為でしょうか。

えいずん は ふしぎなおどり を おどった
かに は ぜんしん の ちからが ぬけた

つうかマジでうまいです。かっちょいい。男臭いバンドですよね、楽器隊もヴォーカルも。
絶対次のツアーは観にいってやるんだから。
  1. 2008年08月02日 03:31 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の休日エンドレス

平沢進師匠
シド初期
cali≠gari第六期
GUNIW TOOLS
Plastic tree
櫻井敦司
ムック初期
【ここでミヨさんから人プロ買ったよ報告メール受信】
THE BACK HORN ←今ここ

今日はこれからラルカラ行ってきます^^
  1. 2008年07月28日 14:43 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

救済

うっかり午前中にニコ動で平沢進を発掘して見入った結果テンション上げて仕事に行ってしまった金曜日。平沢いいよ平沢。らぶ

平沢のPV初めて見たよ!感動した!自分的神曲の弾幕に!爆笑
ニコの弾幕コメで感動したのは初めてです(笑)。
この曲すごい好きなんだよー。だいすき。



つかニコ動の平沢充実度に感動した。
作業用BGMが作業の妨げになる平沢マジック♪
  1. 2008年07月12日 02:07 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハートに火をつけた

Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!in OKINAWAAre you ready? 2007 またハートに火をつけろ!in OKINAWA
(2008/04/02)
L’Arc~en~Ciel

商品詳細を見る

Σ!?つかなんでNO IMAGEなの!?らるくなのに!!ざけんなアマゾン。

4月2日の新譜なのですが(爆)。うっかり二ヶ月近くも放置してたよ…どんだけだ。

ぶっちゃけ『KISS』は通しで一回か二回くらいしか聴いてません;;「SEAVENTH~」と「DAYBREAK'S~」はかなりツボったけどアルバムとしてはあまりツボらなかったんだよう。
あ、でも今回DVD観てたら「THE BLACK ROSE」はすごい好き系だった。

はいどさんがエロい件。
タンク+ロング丈腰布はヤバイ…腰…腰…
つかはいどさんはアレだ。いつでもエロい。歩くR-18。うむ。
(セットと衣装が)なんでこんなにリゾート仕様なんだと思ったらコレ沖縄公演のなんですね。へー。←知らなさ杉

「the Fourth~」と「metropolis」が普通に入ってて素でビビりました。ラニバって一体なんの解禁だったの。
(そしてこの時はメトロポリス歌詞間違えてないのね(笑)。だってラニバの歌詞忘れはひどかったよ!一番の腰砕けポイント(身内各位は察しろ)で間違えてんだよ!腰砕けつか脱力だよ!はいにゃんひどいです><)
4thの切なさは半端ナイのだがしかしメトロポリスのあの謎の演出はなんだ。エロソングだろーがなんだろーが切ない系には変わりないんだからギャグに走らなくてもイイのに…(本人はギャグじゃなくて大真面目なのかもしれない)サビで裏声になる瞬間がたまらなく好き。お~ど↑り~続けている~♪

「killing~」とRSGの高速むしろ爆速っぷりに爆笑しつつ。
「Shout~」が入ってないのに逆ビビり。いやほら…なんかこう…本編ラストを「Shout~」でシメるっていうのが定番になってたイメージだったから。ちょっと驚いた。
ちなみに「Shout~」だとグラクロの時の演出が一番好きです><
しゃばだばでびー!って叫ぶんです><
「Shout at the Devil!」って叫んでるのだろうけれど「しゃばだばでびー!」にしか聴こえないテキトーさがたまんないんです><

活動休止か~とは一応一瞬思ったけれど考えてみたらわたし最後に参戦したらるくさんってアジアツアーのファイナルDOMEだったわけでアレっていつだっけ?2005年とか?←既に記憶が曖昧
ここ1年2年くらいは新譜確認もすんげえテキトーだしなんかもうほんとゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイとしか…でもまだちょっとだけしがみついていたいんだよう。引き摺っていたい…

はいどさんのKAZくんとの活動が気になる…
  1. 2008年05月26日 17:44 |
  2. 音楽雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。